なぜ若ハゲにツゲインが効果的か

ツゲインは、ミノキシジルが配合された育毛剤です。ミノキシジルは、血管拡張剤として1960年代にアメリカで開発された成分であり、内服薬として用いられていました。後に、脱毛症に対しての効果が確認された事により、外用薬として新たに提供される事になります。ツゲインは、この外用薬のジェネリック医薬品であり、低価格で購入できるという事がメリットとなっています。

ミノキシジルの効果については、皮膚科学の社団法人である日本皮膚科学会が強く推奨できると公表しており、特に外用に関しては第一選択薬に挙げられています。ミノキシジルは、頭髪の成長に関わっている毛包の幹細胞を活性化する作用があると考えられています。このために、ツゲインを使用する事により、毛母細胞の増殖が促進されます。新しく頭髪が生産される事により、薄毛が改善される事になります。脱毛を防止するのではなく、発毛を促進させるという性格の育毛剤です。

このために、ツゲインは、あらゆる原因の脱毛症に対して効果を期待できます。原因を改善するのではなく、頭髪自体に働きかけるからであり、若ハゲと呼ばれる状態に対しても効果的です。特に、頭頂部の頭髪に悩みを抱えているケースに対しては、改善を期待できます。何らかの原因で能力が低下していた毛母細胞が活性化される事により、健康的な頭髪が復活する事になります。

一方で、生え際が後退するタイプに対しては、ツゲインは十分に効果を発揮しない可能性があります。この部分の脱毛症には、ホルモンの働きが影響しており、成長サイクルが狂わされた状態となっています。ツゲインにより毛母細胞を活性化して発毛を促進させても、成長期が短縮されているのですぐに抜けてしまいます。