抜け毛対策の心得

近年の薄毛や抜け毛の悩みは、社会環境の変化に伴う生活様式の変化とともに増え続けています。特徴的であるのは、女性にも増えてきているということです。
原因は様々で、その対処法は多岐にわたります。主なものとしては男性型脱毛症といわれるAGAやバランスの悪い食生活、生活習慣の乱れとそれに伴う睡眠不足、過度の飲酒、紫外線、といったものですが、これらは抜け毛の原因ということだけではなく、生活習慣病の原因でもあります。
つまりは、頭皮のみ毛髪のみの不健康ということではなく身体全体の不健康が抜け毛の大きな原因となっています。
抜け毛対策としてはこれらの体調管理を心掛けたうえで個別の抜け毛の予防に対策をする必要があります。このうち男性型脱毛所(AGA)は、遺伝的要素が大きく男性ホルモンのテストステロンの影響を受けているといわれています。
日本皮膚学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」では効果的なものとして「ミノキシジル」を挙げています。
AGA治療に効果的といわれているツゲインは、ミノキシジルを含有した塗布して使用する育毛剤です。
ツゲインは。カークランドやロゲインと同じくジェネリック医薬品で、比較的安価で購入できますので、初めて育毛剤を使用する方に向いています。
使用できるのは18歳以上と限定されいます。また、女性、男性の区別なく使用することができ、女性の場合はミノキシジル2%含有のものが推奨され、男性にはほかにミノキシジル含有率5%のものが用意されています。
発毛効果は2~4か月で現れ、主に頭頂部の薄毛に効果が高く出るといわれています。
ツゲインの使用法は、頭皮への塗布をすることになりますが整髪料はツゲインが乾いた後につけてツゲインの浸透を妨げないようにすることが必要です。

抜け毛と頭皮コンディション

ツゲインは、育毛剤として高い効果が期待できることで注目されています。
特に頭頂部が薄くなってきた場合に、その部分に的確に塗りこむことを繰り返していますと、個人差はありますが、およそ二ヶ月から四ヶ月の間に、うっすらとした新たな発毛が確認されます。
ツゲインは、男女共に利用することが出来ます。但し、主成分であるミノキシジルの含有量の多いほうが男性用、少ないほうが女性用として推奨されています。これは、あくまで男性ホルモン分泌量の男女差によるものです。
ツゲインは、ジェネリック医薬品としての扱いになりますので、これまでの育毛剤に比べますと、値段としては購入のし易さがあります。ただ、輸入品の量として、一度に購入できる分量に制限がありますので、定期的な購入をおこなうように、スケジュール管理を徹底させる必要があります。
ツゲインの利用方法は、塗布という形になります。これは、服用とは異なり、毛穴に直接育毛を促進させる働きを伝えます。また、その浸透力の強さを生かしたものになります。しっかりと浸透させるためには、塗りこんだあとに、およそ四時間ほど乾かす必要があります。それまでは、整髪料の使用や洗髪は控えます。このようにして、頭皮に対して育毛しやすい地肌環境を整えます。保湿能力にも優れていることから、乾燥して育毛がおこなわれにくい状態を改善すべく潤いを与えます。この状態を数日間継続させることにより、周辺の抜け毛を予防すると共に、常に生え易いコンディションが保たれます。
育毛のために必要とされる栄養分を、満遍なく頭皮に送り込むための血管拡張作用を持たせて、なおかつ頭皮そのものの、育毛を促進し易い環境を作り出すことがおこなわれます。

若ハゲのメカニズム

男性ホルモンのテストステロンは、成長期に分泌量が急増します。この内の一部が、5α還元酵素により変換された事で、DHTという物質が生産されます。この物質は、テストステロンと共に男性的な特徴を形成する事を本来の役割としているのですが、頭皮の毛乳頭細胞のレセプターと結び付いた場合は、毛周期を狂わせてしまいます。

毛周期は、成長期、退行期、休止期の順番で移行しています。通常であれば1カ月に1cmほど頭髪が成長する状態が数年間続くのですが、DHTにより狂わされた場合は半年程度にまで短縮されてしまいます。つまり、生えてもすぐに抜けてしまうという事です。

このDHTが原因で進行する脱毛症の事は、AGAと呼ばれており、男性の薄毛の大部分を占めていると考えられています。20代の後半から30代にかけて発症するのが一般的であり、40代以降に完成する事になります。最終的には、生え際が後退して頭頂部にかけての頭髪が全てなくなってしまいます。

また、DHTの生産は思春期以降に増加するので、10代でAGAが発症するケースもあります。俗に言う若ハゲと呼ばれる状態であり、生命に直接影響を及ぼす事はありませんが、外見の印象を大きく変えてしまうので、精神的にはかなりの苦痛を伴います。

しかし、現在では、脱毛症に対して効果的な治療薬が開発されています。最も効果が期待できるのが、アメリカで開発されたミノキシジルという成分です。ツゲインは、ミノキシジルを5%配合された育毛剤で、先行医薬品のジェネリックです。毛乳頭細胞と毛母細胞の両方を活性化させるというのがツゲインの作用であり、発毛を促進する事により薄毛を改善します。

ただし、ツゲインはAGAだけを専門にした育毛剤ではないので、若ハゲ以外の人も使用できます。